新たな借地権


次に紹介するのは、売却の対象となる借地権の種類についてです。平成4年に借地借家法が施行されたことによって、法律上、新しい種類の借地権というものが登場するようになりました。その新しい借地権というのが、定期借地権とよばれる種類のものです。旧法においては普通借地権しかなかったのに対して、この定期借地権が登場したことによって法律的な部分における取扱が更に複雑化しているということについては知っておく必要があるでしょう。それでは、定期借地権において違いがどのようなものになっているのか、ということについて紹介します。借地権について

通常の借地権の場合、契約の期間は基本的に30年というように設定されています。当事者間における相談があれば30年よりも長く設定することは可能です。これに対して定期借地権については、一般定期借地権の場合で50年以上、建物譲渡特約のある借地権の場合で30年以上、事業用の場合で10年から50年というように、期間の違いが生じるようになりました。また、定期借地権の場合はこれらの期間が終了した段階で、再契約を行わないのであれば地主に対して権利が返却される仕組みとなっている、ということについて知っておく必要があります。