底地の売却も可能


借地権相談それでは、引き続き借地権の売却について、より具体的な話しを紹介します。借地権の売却を行なう場合、その対象となるのは同じくその借地権を必要としている個人であるとは限りません。売却の対象の1つとして考える事ができるのが、底地取扱店とよばれる種類の業者です。この底地取扱店というのは、その名前の通り借地権の売買を行なうことができる業者となっており、つまりは底地を不動産会社に対して売却するというケースということになります。それでは、このような場合においてはどのようなポイントが存在しているのでしょうか。

基本的に借地権の売却というのは地主側が売却を行なう場合においては借地人に対する承諾を取る必要が全くありません。もとはといえば所有権自体は借地人ではなく地主側が所有しているという関係上、この部分について借地人の権利が介在しないことなるためです。そのため、地主側からすると特に気にすること無く、底地を売却することが可能になっています。地主は底地を底地取扱店に売却する場合については、十分取扱金額などについて相場を調べ、効果的な金額で売却することについて考える必要があるでしょう。その意味でも、相見積もりなどが重要な要素の一つとなります。