借地権の売買


皆さんは借地権と言うものについてご存知でしょうか。実際に借地を利用しているという方の場合については関わりが深いものであるため、しっかりとこれについて把握をしておく必要があるでしょう。ここでは、この借地権の取扱に関するポイントとして、借地権の売買が可能であるかどうか、ということについて簡単に紹介します。この借地権については、満期になった場合や使わなくなった場合については、借地契約を解除した上で建物を解体し、その上で地主に返却するものである、というように考えている人が少なくありません。しかし、実は借地権というのは売買の対象とすることができるようなものであり、やり方次第においてはより便利に利用できる可能性があります。それでは、実際に借地権の売却というのがどのような仕組みにおいてできるものとなっているのか、ということについて簡単に紹介します。

借地権の売却において注意しなければならないのは、平成4年に施行された現行法である借地借家法と、其の差異に廃止された旧借地法によって取扱が違っているという点です。この法律のどちらが適用されているのか、ということは契約が行われた時期がどちらの時期であったのかによって基本的に決定されるようになっているため、十分注意をしておく必要があります。ただし、どちらの場合においても借地権の取引というのは不可能なものではないため、この先ではその方法とポイントについて紹介します。